びぼーろく。

広告業界のとある記憶力乏しき男の脳みそのバックアップ

 >> 備忘録一覧へ

【ミニマリストってなんだっけ?】 物理的にだけでなく思考的にもスッキリしたいよね

 

昨日、普段通りオフィスで仕事をしていると『○○さんの机はほんとものがないですね』と言われ、帰る時には上司から『あれ、手ぶらで帰るの!?』と言われた。そして、その後の飲み会で『○○さんはミニマリストですね』なんて言われた。

※会社のロッカーにバッグも現金も置いてあるし、スマホにはモバイルSuicaEdyも入っているので、(毎日ではないが)スマホと社員証だけ持って出社することもある。

 

そして今日、秋葉原ヨドバシカメラに用があって行ったついでに7Fの有隣堂でこんなものを発見した。

f:id:ornbbrk:20160521183254j:plain

 

ミニマリズム フェア。

なんだこの狙ったようなタイミングは...。思わず立ち止まり幾つかの本を手に取り、読まないといけないような気分になった。さらに、すぐヨコに会計前の本を持ち込めるカフェがあり、至れり尽くせりという具合だ。まんまと本を2冊持ってカフェに入った。

テーブルの上には以下の2冊。

 

 

30分ほどで2冊をざっと読んだ程度なので書評をするつもりはないが、 僕の理解を備忘録しておきたい。

※前提:自分自身のことをミニマリストと思っているわけではありません。

 

ミニマリストとは

ミニマリズム、ミニマルアートの芸術家。
2 最小限のことしかしない人。最低限必要なものしか持たない人。

 

物理的な話

必要以上のモノを持たないことの利点

  • 部屋は常に片付いている
  • 引っ越しが楽
  • 必要なものが見つけやすい
  • 何が必要かが分かりやすい
  • お金が掛かりにくい
  • 出歩く際に疲れにくくなる
  • 出歩く際に行動的になる
  • 震災などのいざという時に対応しやすい

この辺りは想像がし易いであろう。

 

思考的な話

こちらは少々想像しにくいかもしれない、"必要以上のコトを考えない"ことによる利点。

"考えるコト(対象)"を、"持っているモノ"と置き換えて考えると分かりやすいかもしれない。必要以上の"持っているモノ"が減ると上述した利点がある。それは思考的にも類似するということだ。

 僕が大好きな本、[イシューからはじめよ]でも言われているような、解決すべき本当のイシューを明らかにすれば、すべきことは100分の1にもなるということに通ずる。


また、人間関係についての思考に関しては、アドラー心理学の[課題の分離]に通ずる部分も大きい。

巨人の肩に乗っかるような書き方をしたが、改めて。"必要以上のコトを考えない"ことによる利点。

  • 何を考えるべきか(本質的な課題)が分かる
  • 何に時間を費やすべきかが分かる
  • 時間が出来る
  • 悩み(ストレス)が減る

というほど簡単なものではないが、こんな方向性だと思う。

以上、有隣堂の隣のカフェで書き終えたのであった。

※決してステマとかではないですよ 笑

 

 

 >> 備忘録一覧へ