びぼーろく。

広告業界のとある記憶力乏しき男の脳みそのバックアップ

 >> 備忘録一覧へ

【備忘録ってなんだっけ?】 あぁ、陳述性記憶力が弱いんだね。可哀想に。

記憶力がすごく良いA君がいる。

彼は、飲み会中に話に挙がった漫画やアニメに関する情報を次々と面白おかしく話すことが出来る。


記憶力がすごく良いB君がいる。

彼は、知人数十人分の誕生日を記憶(記録ではない)し、さらにその人とのエピソードをつぶさに記憶している。


二人を紹介したけれど、”記憶力"っていっても色々種類がありそうだ。どのような種類があるのかというと、ざっくり以下のようになっている。

※全然MECEではないけれど、ここではこの程度で十分だろう。

f:id:ornbbrk:20160109202953p:plain


僕は陳述性記憶がとにかく弱いのだ・・・!

※陳述性記憶とは、文字の通り「言葉で表される記憶」である。

陳述性記憶に関わらず、思い出せなかったことを思い出せた限り羅列してみる。

  • 昨日のことを思い出せないのは当然。
  • 「好きな食べものは?」と聞かれて思い出せない。
  • 目の前の人となぜ話し始めたか思い出せない。
  • 自分の専門分野の言葉でさえ思い出せない。
  • 会社で同じフロアにいる同じ大学の後輩の苗字が何度聞いても思い出せない。
  • パーティなどで人の顔と名前なんて覚えられない。二人くらいが限界。

思い出せなかったことすら思い出せていない気もするが・・・笑

認知症エピソード記憶から症状が出始めるようだから、僕は認知症の疑いがあると自認している。

だからこの備忘録をここに開設したわけだ。

今後、陳述性記憶力自体を改善しつつ、記憶しておきたいことをここに蓄積していきたい。

 >> 備忘録一覧へ